業者の選び方

盗聴器発見・盗撮発見を行う業者は特別な資格を持っていなければならない。

盗聴発見・盗撮発見のためには特別な知識が必要なため、その探索のノウハウと、電気信号を取り扱う資格をもった業者が盗聴器や盗撮器の除去を行える業者ということになる。
アナログ第三種工事担当者に代表される、電気工事士の資格を持った人物がいる業者がいるかどうかを確認する必要が出てくる。
また、音声の除去だ… Read more

仕掛けられやすい場所

盗撮・盗聴されているのではないか、そういった心配がある方は専門の業者に依頼し、盗聴・盗撮発見を依頼する。
機器や無線信号は目に見えないものであるので、こうした専門の業者の力が必要になるのである。

まず、盗聴・盗撮機器が仕掛けられやすい場所を業者は重点的に調べていく。
盗聴は先程も述べたように室内でも会話の多いところに設置される。電話機や静かな室内などである。

Read more

発見の難しさ

業者はこのような盗聴・盗撮機器の性質によって盗聴器の捜査を進める。
盗聴器や盗撮器の中でも、無線型は特に仕掛けた人物を特定するのが難しくなる傾向にある。

盗撮発見のためには以前はテレビを使うことがあったという。
盗撮の信号を送信するために以前はアンテナの電波を使われる事が多かったためテレビを使って捜査していた。
しかし今はデジタル放送でチャンネルが拡大し、衛生… Read more

盗撮と盗聴の共通点

盗聴機器にも発見しやすい、しにくい機器があるというのは先に述べた。
直接マイクを仕掛けて盗聴する場合、近くに有線式の盗聴器を仕掛けて盗聴する場合、無線機を仕掛けて盗聴する場合である。
これは盗撮発見においてもいえることで、業者はこれをポイントに盗聴探知機や盗撮機器を探す。

盗撮する機器も主に直接・有線・無線に分かれる。
直接盗撮する機器とは、録画機能とカメラ機… Read more

発見しやすい場合

室内盗聴器は、その盗聴器の内部にマイクが搭載されており、集音機能を持っていることが特徴である。
その大きさは様々であり、どんなものにでも仕掛けることができる。

業者が盗聴・盗撮発見しやすい、盗撮・盗聴に使われている機器というものがある。
これは電話盗聴のための無線機は難しいが、原始的な有線式の盗聴器は見つけやすいといったものである。
有線式のものは、盗聴の対象… Read more

オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031